コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刑部省 ぎょうぶしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

刑部省
ぎょうぶしょう

(1) 令制で太政官に属した八の一つ。刑部は唐名で,『和名抄』には「うたへただすつかさ」とある。訴訟の裁判,罪人の処罰を司る役所。囚獄司贓贖司 (あがもののつかさ) とを支配していたが,大同3 (808) 年贓司は廃され,職務は部省が行うこととなった。長官は正四位下相当の刑部卿であるが,公卿が兼ねたこともある。また大,中,少判事がおり,実際に裁判して罪を決定する法律の専門家で,中原,坂上両家の世襲であった。弘仁7 (816) 年検非違使 (けびいし) が設置されると,刑部省の職掌は次第にこれにり,のちにはほとんど有名無実となった。

(2) 明治初年に設けられた刑法事務科より刑法官を経て,明治2 (1869) 年7月8日の官制改革に伴い新設された「二官六省」中の1省で,司法行政,司法事務および裁判を司った。正親町三条実愛,佐々木高行をそれぞれ初代刑部卿,大輔 (次官) に迎えて発足した。同年 12月2日には,囚獄司をその管轄下に設け,監獄行政の任にあたらせた。また同3年 12月 27日には,新律綱領を上梓頒布した。翌年7月9日,弾正台とともに廃止され,司法省が両者の任務を継受した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うたえただす‐つかさ〔うたへただす‐〕【刑省】

ぎょうぶしょう(刑部省)

ぎょうぶ‐しょう〔ギヤウブシヤウ〕【刑部省】

律令制で、太政官(だいじょうかん)八省の一。訴訟や罪人の裁判・処罰などを管掌。うたえただすつかさ。うたえのつかさ。
明治2年(1869)設置された六省の一。裁判警察監獄のことを管掌。同4年司法省の設置により廃止。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

刑部省【ぎょうぶしょう】

(1)律令制の八省(はっしょう)の一つ。裁判,処罰を担当。囚獄(しゅうごく)・贓贖(ぞうしょく)の2司を管轄。ただし判決の執行は,(じょう)(杖でたたく刑)・徒(ず)(懲役刑)相当の,京に起こった犯罪に限られ,流罪(るざい)以上は判決原案を太政官(だいじょうかん)に送付した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょうぶしょう【刑部省】

(1)令制八省の一つ。はやく〈うたへのつかさ〉と称したが,貞観7年(865)3月7日勅により〈うたへただすつかさ〉と改めている。卿1,大・少輔各1,大・少丞各2,大録1,少録2からなる四等官のほかに,判事解部(ときべ)60等が置かれ,裁判や良賤名籍,囚禁ないし債負のことを管掌し,贓贖(ぞうしよく)司と囚獄司の2司を管した。律令訴訟法によれば,在京諸司で徒罪以上に相当する犯罪が発生した場合ないし衛府が逮捕した非京人はすべて刑部省に送り裁判に付し,徒罪は刑部省で断決し,流罪以上ないし除免官当の場合は太政官へ上申する定めであり,また諸国で判決を下すことが困難な疑獄事件を刑部省で扱った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うたえただすつかさ【刑部省】

うたえのつかさ【刑部省】

ぎょうぶしょう【刑部省】

律令制による太政だいじよう官の八省の一。刑罰・裁判をつかさどった役所。うたえのつかさ。うたえただすつかさ。
1869年(明治2)設置された司法機関。71年廃止され、司法省となる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

刑部省
ぎょうぶしょう

(1)古代律令(りつりょう)国家の中央行政機構である八省の一つ。裁判や刑罰の執行を管掌した。「うたへのつかさ」「うたへただすつかさ」などとも読む。前身官司を刑官といい、大宝令で省制として整備された。卿(かみ)以下の四等官のほか、罪名を断定する判事10名、訴訟を指揮する解部(ときべ)60名を擁し、徒罪(ずざい)以下の罪状について独自に判決し、刑を執行した。被管に贖罪(しょくざい)をつかさどる臟贖(ぞうしょく)司と罪人の拘禁、実刑の執行にあたる囚獄(しゅうごく)司の2司が所属した。判事はやがて法律を世職とする中原氏、坂上氏で占められるようになったが、刑部省の実権は検非違使(けびいし)に移って有名無実化した。(2)明治政府成立時の最高司法機関。1869年(明治2)官制改革によって、刑法官にかわって設置されたが、71年司法省発足で廃止。[八木 充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の刑部省の言及

【刑部省】より

…卿1,大・少輔各1,大・少丞各2,大録1,少録2からなる四等官のほかに,判事解部(ときべ)60等が置かれ,裁判や良賤名籍,囚禁ないし債負のことを管掌し,贓贖(ぞうしよく)司と囚獄司の2司を管した。律令訴訟法によれば,在京諸司で徒罪以上に相当する犯罪が発生した場合ないし衛府が逮捕した非京人はすべて刑部省に送り裁判に付し,徒罪は刑部省で断決し,流罪以上ないし除免官当の場合は太政官へ上申する定めであり,また諸国で判決を下すことが困難な疑獄事件を刑部省で扱った。すぐれた明法官人を多数擁し,律令時代における司法の中枢機関であったが,弘仁年間(810‐824)に検非違使(けびいし)が創置されると刑部省の多くの権限がそちらに吸収され,しだいに形骸化していった。…

【刑部省】より

…卿1,大・少輔各1,大・少丞各2,大録1,少録2からなる四等官のほかに,判事解部(ときべ)60等が置かれ,裁判や良賤名籍,囚禁ないし債負のことを管掌し,贓贖(ぞうしよく)司と囚獄司の2司を管した。律令訴訟法によれば,在京諸司で徒罪以上に相当する犯罪が発生した場合ないし衛府が逮捕した非京人はすべて刑部省に送り裁判に付し,徒罪は刑部省で断決し,流罪以上ないし除免官当の場合は太政官へ上申する定めであり,また諸国で判決を下すことが困難な疑獄事件を刑部省で扱った。すぐれた明法官人を多数擁し,律令時代における司法の中枢機関であったが,弘仁年間(810‐824)に検非違使(けびいし)が創置されると刑部省の多くの権限がそちらに吸収され,しだいに形骸化していった。…

【二官八省】より

…日本古代の律令制の官庁組織をいう語。狭義には太政官(だいじようかん),神祇官(じんぎかん)の二官と中務(なかつかさ)省式部(しきぶ)省治部(じぶ)省民部(みんぶ)省兵部(ひようぶ)省刑部(ぎようぶ)省大蔵(おおくら)省宮内(くない)省の八省を指すが,広義には,この二官・八省に統轄される八省被管の職・寮・司や弾正台(だんじようだい),衛府(えふ)などの中央官庁および大宰府(だざいふ)や諸国などの地方官庁を含む律令制の全官庁組織の総体をいい,ふつうは後者の意味で用いる。このような官庁組織は,7世紀後半から8世紀初めにかけて形成された。…

※「刑部省」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

刑部省の関連キーワード太政官(古代)冷泉雅二郎刑事訴訟法村岡 良弼丹墀真総明法博士渡辺 驥坂上明兼村岡良弼司法機関川村雨谷布瑠道永入墨刑渡辺驥別当宣大判事鶴田皓刑罰大理八木

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android