コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴田賢次 つるた けんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴田賢次 つるた-けんじ

1868-1918 明治-大正時代の物理学者。
慶応4年2月生まれ。明治32年ドイツ,オランダに留学,帰国後東京帝大教授となる。熱力学と電気を研究し,三角型体温計をつくった。文章にもすぐれ,尾崎紅葉,川上眉山と交遊があった。大正7年6月10日死去。51歳。帝国大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鶴田賢次の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android