コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴田重定 つるた しげさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴田重定 つるた-しげさだ

?-? 江戸時代前期の儒者。
寛文(1661-73)のころ,朱舜水(しゅ-しゅんすい),伊藤仁斎にまなび,経典(けいてん)の研究に没頭して仁斎にみとめられる。郷里の肥前長崎にかえり,来客をことわり読書にはげみ,栄達をもとめなかった。字(あざな)は閑逸。号は長渓子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鶴田重定の関連キーワード寛文儒者

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android