鷁退・逆退(読み)げきたい

精選版 日本国語大辞典「鷁退・逆退」の解説

げき‐たい【鷁退・逆退】

〘名〙 (風に強いとされる鷁(想像上の水鳥)が、大風にあって吹きもどされ後退する意) 六位の蔵人の極臈(ごくろう)(=最上位)が欠員がなくて五位に昇ることができず、蔵人を辞さなければならない時、極臈を辞して、末席の新蔵人になること。また、一般に官位の昇進において不遇であることを例えていう。
※本朝文粋(1060頃)六・申遠江駿河守等状〈平兼盛〉「今対鷹揚之人、各慙退之身

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android