鸚(漢字)

普及版 字通「鸚(漢字)」の解説


28画

[字音] オウ(アウ)
[字訓] おうむ

[説文解字]

[字形] 形声
声符は嬰(えい)。〔説文〕四上に「鸚、能く言ふ鳥なり」とあり、のち鸚鵡の字を用いる。わが国では大化三年に新羅からの献上の記録がある。

[訓義]
1. 鸚鵡、おうむ。
2. 鸚螺、まき貝。

[古辞書の訓]
名義抄〕鸚 今の鸚鵡、コトマナビ 〔字鏡〕鸚 カヤクキ・アウヤウ/鵡 カヤクキ、事万奈池(ことまなび)

[熟語]
鸚哥鸚舌・鸚・鸚鵡

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android