コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿子木員信 かのこぎ かずのぶ

2件 の用語解説(鹿子木員信の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

鹿子木員信

哲学者・思想家。東京生。海軍機関学校卒。中尉で退役、哲学を専攻し、慶大教授を経て米・独・欧に留学、九大教授・同法文学部長・ベルリン大客員教授となる。戦争中は言論報国会事務局長を務めA級戦犯指定、のち公職追放された。著書に『すめらあじあ』『皇国学大綱』等がある。昭和24年(1949)歿、65才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿子木員信 かのこぎ-かずのぶ

1884-1949 大正-昭和時代の思想家。
明治17年11月3日生まれ。海軍中尉で退役して哲学を専攻。慶応義塾,九州帝大の教授を歴任。昭和16年ナチス-ドイツにまねかれて皇国学を講義した。17年大日本言論報国会の専務理事兼事務局長。戦後,公職追放処分となる。昭和24年12月23日死去。66歳。東京出身。海軍機関学校卒。著作に「皇国学大綱」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の鹿子木員信の言及

【大日本言論報国会】より

…情報局の指導監督のもとに結成運営されたもので,最初〈大日本思想報国会〉として発起され,のち〈大日本言論報国会〉となり,1942年12月23日に創立された。会長徳富蘇峰(猪一郎),専務理事鹿子木(かのこぎ)員信,理事津久井竜雄ら27名。会員は〈日本評論家協会〉(1940創立,代表者津久井竜雄)を中核に,一般評論家をも糾合し,43年7月現在で総数917名に達していた。…

※「鹿子木員信」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鹿子木員信の関連キーワード荒井恵岡田宜法加藤猛夫小林秀穂しまね きよし平貞蔵野村浩一益田勝実松阪広政安藤隆穂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鹿子木員信の関連情報