コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿沼藩 かぬまはん

2件 の用語解説(鹿沼藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿沼藩
かぬまはん

江戸時代前期,下野国 (栃木県) 都賀郡鹿沼地方を領有した藩。慶長 15 (1610) 年阿部正次が1万 5000石を領して元和1 (15) 年まで在封,のち寛永 13 (36) 年より朽木 (くつき) 氏が1万石,慶安2 (49) 年から享保9 (1724) 年まで内田氏が1万 5000石を領し,以後天領となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿沼藩
かぬまはん

江戸時代の前半期に下野(しもつけ)国鹿沼(栃木県鹿沼市)に置かれた譜代(ふだい)大名の小藩。戦国時代には壬生(みぶ)氏の居城であったが、1590年(天正18)壬生氏の滅亡後は、日光への入口として徳川家譜代の大名領となり、1635年(寛永12)将軍家光(いえみつ)の側近である阿部重次(あべしげつぐ)が1万3000石で封ぜられて藩が成立した。その後、1649年(慶安2)家光側近の内田正信(まさのぶ)が1万5000石で入封したが、その領地は周辺には7村、4700石にすぎず、大部分は下総(しもうさ)国(千葉県)にあった。正信は将軍家光が死ぬと阿部重次らとともに殉死した。1724年(享保9)3代正偏(まさゆき)は乱心のため蟄居(ちっきょ)となり、その子正親(まさちか)は減封のうえ領地を下総国小見川(おみがわ)に転じ廃藩となった。[奥田謙一]
『『鹿沼市史 前・後編』2冊(1968・鹿沼市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone