コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿野小四郎 かの こしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿野小四郎 かの-こしろう

1655-1710 江戸時代前期の村役人。
明暦元年生まれ。加賀(石川県)江沼郡吉崎村の肝煎役。元禄(げんろく)4年(1691)大聖寺(だいしょうじ)藩から御目付十村(とむら)(大庄屋)にとりたてられ,6年小塩辻村への移住を命じられる。引退後,公務と農業の心得を子孫につたえるため「農事遺書」をあらわした。宝永7年閏(うるう)8月13日死去。56歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鹿野小四郎

没年:宝永7.閏8.13(1710.10.5)
生年:明暦1(1655)
江戸前期の篤農家,村役人。加賀国江沼郡吉崎村(加賀市)の貧農の家に生まれ,船乗りとしても働いていたが,のち大聖寺藩より十村役(大庄屋)に取り立てられ,職務に多忙の日々を送った。晩年,子へ伝えるため『農事遺書』全5巻(1709年成立)を著した。農業の実際に詳しく,また貧農の出でありながら十村役に取り立てられたという経歴や『農事遺書』の内容などから,きわめて有能緻密な人物だったと考えられる。『農事遺書』は近世前期の北陸農業の実態を知りうる貴重な史料である。<参考文献>清水隆久・若林喜三郎「『農事遺書』現代語訳・解題」(『日本農書全集』5巻),清水隆久『近世北陸農業史』

(松村敏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

鹿野小四郎の関連キーワードインノケンティウスヌイツ奈良屋茂左衛門明暦如儡子天文学史(年表)鹿野小四郎中院通茂外記節クンケル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android