コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麓常三郎 ふもと つねさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

麓常三郎 ふもと-つねさぶろう

1868-1929 明治-昭和時代前期の実業家。
慶応4年4月13日生まれ。明治27年郷里の愛媛県盛(さかり)村(上浦町)に木綿会社を創業。43年高性能のタオル織機「バッタン」を創案,今治(いまばり)町に富本合名を設立。この麓式織機の登場により,伊予(いよ)ネル製造からタオル製造への転換がすすみ,「今治タオル」の基礎がかたまった。昭和4年8月26日死去。62歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

麓常三郎の関連キーワード阿部 平助実業家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android