麻田藩(読み)あさだはん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸時代、摂津国豊島(てしま)郡麻田(大阪府豊中(とよなか)市)周辺ほかを領有した外様(とざま)小藩。藩祖青木一重(かずしげ)は今川、徳川、豊臣(とよとみ)氏に歴仕。1615年(元和1)大坂落城後出家したが、徳川家康に再出仕、麻田を本拠に立藩した。一重のあと、重兼(しげかね)、重成(しげなり)、重矩(しげのり)、一典(かずつね)、一都(かずくに)、見典(ちかつね)、一新(かずよし)、一貫(かずつら)、一貞(かずさだ)、重竜(しげたつ)、一興(かずおき)、一咸(かずひろ)、重義(しげよし)と14代にわたり在封した。幕末の表高は、摂津、備中(びっちゅう)両国内1万19石。廃藩置県で麻田県を経て大阪府に合併。

[藤本 篤]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android