コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄丕烈 こうひれつ Huang Pi-lie

2件 の用語解説(黄丕烈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄丕烈
こうひれつ
Huang Pi-lie

[生]乾隆28(1763)
[没]道光5(1825)
中国,清代中期の学者,蔵書家。江蘇省呉県の人。字は紹武,蕘圃。号として復翁,佞宋居士,求古居士,知非子など十数種を使用。乾隆帝時代の挙人。版本について詳しく,その編纂に成る『士礼居叢書』 (『士礼居黄氏叢書』ともいう) は,善本を底本とした叢書として知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうひれつ【黄丕烈 Huáng Pī liè】

1763‐1825
中国,清の蔵書家。字は紹武,号は蕘圃(じようほ),のち復翁とも号した。江蘇省呉県の人。乾隆の挙人で,分部主事にまでなった。非常な書物好きで,宋版本を買い集めること100余種,それを1室に置いて〈百宋一廛(ひやくそういつてん)〉と称した。後輩の顧広圻(ここうき)(1770‐1839)は彼のために〈百宋一廛賦〉を作り,黄丕烈みずから注釈して版本の源流と収蔵の系譜を示した。このほかにも善本を得るたびに細かく校勘し,ときにはこれを復刻して世に広めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黄丕烈の関連キーワード徐弘基曹学佺林鴻年李梅庵葉徳輝天一閣陸心源厲鶚蔵書家死の蔵書

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone