コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄承吉 こうしょうきつHuang Cheng-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄承吉
こうしょうきつ
Huang Cheng-ji

[生]乾隆36(1771)
[没]道光22(1842)
中国,清の学者,文学者。江都 (江蘇省) の人。字,謙牧。号,春谷。嘉慶 10 (1805) 年進士に及第。岑渓県 (広西省) の知事となったが,やがて事によって免職され,その後は故郷に隠れ,同郷の阮元 (げんげん) らと交わりつつ学問に専心した。著書『経説』『文説』など。詩文集『夢がい (むがい) 堂集』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

黄承吉の関連キーワード広西省文学者江蘇省同郷江都及第嘉慶

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android