コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄瀬文吉 きのせ ぶんきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黄瀬文吉 きのせ-ぶんきち

1786-1843* 江戸時代後期の一揆(いっき)指導者。
天明6年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)甲賀郡杣中(そまなか)村の庄屋。天保(てんぽう)13年幕府の検地増徴のねらいに抗して野洲(やす)・甲賀・栗太(くりた)3郡の農民約1万2000人の蜂起(三上山騒動)を指導,検地の「十万日延期」の証文をかちとった。事件後首謀者のひとりとして捕らえられ,同年12月京都二条城で獄死した。57歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

黄瀬文吉の関連キーワード黄瀬平治

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android