コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄鶴楼 コウカクロウ

3件 の用語解説(黄鶴楼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうかく‐ろう〔クワウカク‐〕【黄鶴楼】

中国湖北省武昌県の西、漢陽門内の黄鶴山上に揚子江に臨んで建っていた高楼。李白の詩などで有名。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

こうかくろう【黄鶴楼】

中国の湖北省の省都・武漢(ぶかん)(ウーハン)市武昌(ぶしょう)(ウーチャン)区西南、武漢長江大橋の南岸にある楼閣。江南の三大楼の一つ、武漢名所三山の一つに数えられている。かつては、長江を見下ろす蛇山の頂上にあった。三国時代(「三国志」の時代)に創建されたホテルで、唐の時代には李白、白居易などの数多くの文人や名士が訪れ、その景観の美しさを詩に詠んだ。李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る」は有名である。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黄鶴楼の関連情報