コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄鶴楼 コウカクロウ

デジタル大辞泉の解説

こうかく‐ろう〔クワウカク‐〕【黄鶴楼】

中国湖北省武昌県の西、漢陽門内の黄鶴山上に揚子江に臨んで建っていた高楼李白の詩などで有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうかくろう【黄鶴楼】

中国、湖北省武漢の西の黄鶴山上に、長江に面して建っていた高殿の名。李白・崔顥さいこうらの詩で有名。ホワンホーロウ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

こうかくろう【黄鶴楼】

中国の湖北省の省都武漢(ぶかん)(ウーハン)市武昌(ぶしょう)(ウーチャン)区西南、武漢長江大橋の南岸にある楼閣。江南の三大楼の一つ、武漢名所三山の一つに数えられている。かつては、長江を見下ろす蛇山の頂上にあった。三国時代(「三国志」の時代)に創建されたホテルで、唐の時代には李白、白居易などの数多くの文人や名士が訪れ、その景観の美しさを詩に詠んだ。李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る」は有名である。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

黄鶴楼の関連キーワードホワンホーウーハン高殿崔顥

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android