コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒木清次 くろき せいじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒木清次 くろき-せいじ

1915-1988 昭和時代の詩人,小説家。
大正4年5月2日生まれ。詩を富松良夫に,小説を中村地平にまなぶ。昭和13年生地宮崎県の文芸誌「竜舌蘭」の創刊にくわわり,のち主宰した。「棉花記」は芥川賞,「風景」はH氏賞の候補になる。宮崎日日新聞の編集局長,社長を歴任。昭和63年8月22日死去。73歳。宮崎師範卒。詩集に「乾いた街」,小説集に「蘇州の賦」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

黒木清次の関連キーワード黒木 清次昭和時代

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android