コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村地平 なかむら ちへい

2件 の用語解説(中村地平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村地平 なかむら-ちへい

1908-1963 昭和時代の小説家。
明治41年2月7日生まれ。井伏鱒二(ますじ)に師事,「土竜(もぐら)どんもぽつくり」「南方郵信」など地方色ゆたかな作品を発表する。戦後は日向(ひゅうが)日日新聞社編集総務,宮崎県立図書館長などをつとめながら「八年間」などをかいた。昭和38年2月26日死去。55歳。宮崎県出身。東京帝大卒。本名は治兵衛。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村地平
なかむらちへい
(1908―1963)

小説家。本名治兵衛。宮崎市生まれ。旧制台北高等学校を経て1933年(昭和8)東京帝国大学美学科卒業。在学中、津村秀夫・信夫(のぶお)兄弟、植村敏夫(としお)と同人誌『四人』を発行。『作品』に発表した『熱帯柳の種子』(1932)で注目される。卒業後、都新聞社に入社、また井伏鱒二(いぶせますじ)に師事。『日本浪曼(ろうまん)派』にも加わり、『土龍(もぐら)どんもぽつくり』(1937)は郷土色豊かな作品。『南方郵信』(1938)や『長耳(ちょうじ)国漂流記』(1940~41)は南方に取材して浪漫的な作風を示す。44年宮崎に疎開、「新風土記叢書(ふどきそうしょ)」中の『日向(ひゅうが)』(1944)などもある。第二次世界大戦後は『義妹』(1947)や『八年間』(1950)で現実的な作風を結実させ、宮崎県立図書館長を務めるなど地方文化の振興にも力を尽くした。[高橋春雄]
『『中村地平全集』全五巻(1971・皆美社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中村地平の関連キーワード大池唯雄倉光俊夫桜田常久橘外男伊藤人誉大倉燁子寺崎浩野沢純棟田博横山美智子

中村地平の関連情報