コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村地平 なかむら ちへい

2件 の用語解説(中村地平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村地平 なかむら-ちへい

1908-1963 昭和時代の小説家。
明治41年2月7日生まれ。井伏鱒二(ますじ)に師事,「土竜(もぐら)どんもぽつくり」「南方郵信」など地方色ゆたかな作品を発表する。戦後は日向(ひゅうが)日日新聞社編集総務,宮崎県立図書館長などをつとめながら「八年間」などをかいた。昭和38年2月26日死去。55歳。宮崎県出身。東京帝大卒。本名は治兵衛。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村地平
なかむらちへい
(1908―1963)

小説家。本名治兵衛。宮崎市生まれ。旧制台北高等学校を経て1933年(昭和8)東京帝国大学美学科卒業。在学中、津村秀夫・信夫(のぶお)兄弟、植村敏夫(としお)と同人誌『四人』を発行。『作品』に発表した『熱帯柳の種子』(1932)で注目される。卒業後、都新聞社に入社、また井伏鱒二(いぶせますじ)に師事。『日本浪曼(ろうまん)派』にも加わり、『土龍(もぐら)どんもぽつくり』(1937)は郷土色豊かな作品。『南方郵信』(1938)や『長耳(ちょうじ)国漂流記』(1940~41)は南方に取材して浪漫的な作風を示す。44年宮崎に疎開、「新風土記叢書(ふどきそうしょ)」中の『日向(ひゅうが)』(1944)などもある。第二次世界大戦後は『義妹』(1947)や『八年間』(1950)で現実的な作風を結実させ、宮崎県立図書館長を務めるなど地方文化の振興にも力を尽くした。[高橋春雄]
『『中村地平全集』全五巻(1971・皆美社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

中村地平の関連キーワード新聞小説北九州(市)朝鮮映画監獄法東欧映画市川猿之助中南米映画名古屋(市)剥離面線構造舟木一夫

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中村地平の関連情報