コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒沢忠三郎 くろさわ ちゅうざぶろう

1件 の用語解説(黒沢忠三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒沢忠三郎 くろさわ-ちゅうざぶろう

1830-1860 幕末の武士。
天保(てんぽう)元年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。前藩主徳川斉昭(なりあき)が幕府に処罰されたとき,その撤回運動にかかわり,安政6年閉門となる。翌年大老井伊直弼(なおすけ)を同志とともに襲撃(桜田門外の変),重傷を負う。万延元年7月11日病没した。31歳。名は勝算。
【格言など】国のためなに惜むべき武士(もののふ)の身は武蔵野の露と消ゆとも(辞世)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

黒沢忠三郎の関連キーワード民衆を導く自由の女神万延シャルル赤と黒お蔭参り七月革命歌川広重(初代)大塩平八郎天童藩強制栽培制度

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone