勝算(読み)ショウサン

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝算 しょうさん

939-1011 平安時代中期の僧。
天慶(てんぎょう)2年生まれ。天台宗。京都の人。運昭に師事し,余慶灌頂(かんじょう)をうける。のち京都修学院をひらき,正暦(しょうりゃく)2年と寛弘(かんこう)5年園城寺(おんじょうじ)長吏をつとめた。寛弘8年10月29日死去。73歳。俗姓滋野諡号(しごう)は智観。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

勝算

没年:寛弘8.10.29(1011.11.26)
生年:天慶2(939)
平安中期の天台宗の僧。天慶6(943)年に出家し,運昭,余慶に師事する。永観2(984)年に権律師となり,寛弘8(1011)年に僧正となる。この間,正暦2(991)年と寛弘5年に 園城寺長吏となる。正暦4年8月の円仁,円珍両門徒対立の際,房を焼かれて比叡山から逃れ,門弟と共に修学院に居した。有験の僧として知られ,一条天皇をはじめ,中宮藤原彰子,藤原頼通らの病気を加持で治療した。源信の妹安養尼の危篤を救ったという話も伝わる。臨終まぎわに智観の号を天皇から賜った。<参考文献>『寺門高僧記』2巻

(三橋正)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうさん【勝算】

勝てる見込み。かちめ。 「 -がある」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勝算の関連情報