コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝算 ショウサン

4件 の用語解説(勝算の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょう‐さん【勝算】

相手に勝てる見込み。勝ち目。「勝算のある試合」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝算 しょうさん

939-1011 平安時代中期の僧。
天慶(てんぎょう)2年生まれ。天台宗。京都の人。運昭に師事し,余慶に灌頂(かんじょう)をうける。のち京都修学院をひらき,正暦(しょうりゃく)2年と寛弘(かんこう)5年園城寺(おんじょうじ)長吏をつとめた。寛弘8年10月29日死去。73歳。俗姓は滋野。諡号(しごう)は智観。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

勝算

没年:寛弘8.10.29(1011.11.26)
生年:天慶2(939)
平安中期の天台宗の僧。天慶6(943)年に出家し,運昭,余慶に師事する。永観2(984)年に権律師となり,寛弘8(1011)年に僧正となる。この間,正暦2(991)年と寛弘5年に 園城寺長吏となる。正暦4年8月の円仁,円珍両門徒対立の際,房を焼かれて比叡山から逃れ,門弟と共に修学院に居した。有験の僧として知られ,一条天皇をはじめ,中宮藤原彰子,藤原頼通らの病気を加持で治療した。源信の妹安養尼の危篤を救ったという話も伝わる。臨終まぎわに智観の号を天皇から賜った。<参考文献>『寺門高僧記』2巻

(三橋正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうさん【勝算】

勝てる見込み。かちめ。 「 -がある」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勝算の関連キーワード恵心僧都尊意僧正即真周湛百如慈芳普門円通孝暢元三大師六祖義海(1)行真

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

勝算の関連情報