コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒河内節斎 くろこうち せっさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒河内節斎 くろこうち-せっさい

1741-1803 江戸時代中期-後期の武士。
寛保(かんぽう)元年生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士。江戸で長沼流軍学をまなぶ。寛政元年藩の軍事奉行となり,軍学講義と軍事訓練を担当し,兵備の充実につとめた。享和3年8月死去。63歳。本姓木本。名は揮(ふるう)。字(あざな)は天門。通称は十太夫。別号に画竜坊。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

黒河内節斎の関連キーワード寛保

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android