コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田与一郎 くろだ よいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒田与一郎 くろだ-よいちろう

1834-1867* 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)5年11月20日生まれ。中島太郎兵衛の弟。生家は但馬(たじま)(兵庫県)養父(やぶ)郡の大庄屋。江戸で贄(にえ)善右衛門に槍術(そうじゅつ)をまなび,大坂で道場をひらく。兄の要請で文久3年(1863)生野の変にくわわる。敗走中に銃弾をうけた兄の自刃(じじん)を介錯(かいしゃく),のち逮捕され慶応2年12月19日獄死した。33歳。本姓は中島。名は重清。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

黒田与一郎の関連キーワード運動家天保尊攘

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android