コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田夏子 くろだなつこ

知恵蔵miniの解説

黒田夏子

小説家。1937年、東京都生まれ。59年に早稲田大学を卒業後、教員や事務員、校正者として働くかたわら執筆を続け、63年に『毬』で読売短編小説賞に入選。2012年に『abさんご』で第24回早稲田文学新人賞を受賞し、75歳でデビューを果たした。13 年には同作品で第148回芥川龍之介賞を史上最年長で受賞した。『abさんご』は昭和のある家族の歴史を描いた物語で、カタカナやかぎ括弧、固有名詞を一切使用せず、全文横書きという特徴ある作風となっている。

(2013-1-17)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

くろだ‐なつこ【黒田夏子】

[1937~ ]小説家。東京の生まれ。教員や校正者を経て、「abさんご」で早稲田文学新人賞を受賞し作家デビュー。同作品で芥川賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒田夏子 くろだ-なつこ

1937- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和12年生まれ。5歳のときから物語を書きはじめる。中学校教諭,フリーの校正者などをつとめながら作品を書きつづけ,昭和38年「毬」で読売短編小説賞に入選。横書きの断章形式,ひらがなを多用した特異な文体で書かれた「abさんご」で24年早稲田文学新人賞。翌25年同作品で最年長75歳での芥川賞を受賞。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

黒田夏子の関連キーワード黒田

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android