コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田宣政 くろだ のぶまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒田宣政 くろだ-のぶまさ

1685-1744 江戸時代中期の大名。
貞享(じょうきょう)2年5月9日生まれ。黒田綱政(つなまさ)の次男。正徳(しょうとく)元年筑前(ちくぜん)福岡藩主黒田家5代となる。病弱で嗣子がなく,支藩の直方(のおがた)藩主黒田長清(ながきよ)の長男菊千代(継高(つぐたか))を養嗣子とし,長清を藩の後見役とした。享保(きょうほう)4年継高に家督をゆずった。延享元年8月10日死去。60歳。幼名は弁之助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

黒田宣政 (くろだのぶまさ)

生年月日:1685年5月9日
江戸時代中期の大名
1744年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

黒田宣政の関連キーワード生年月日黒田継高

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android