黒田宣政(読み)くろだ のぶまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒田宣政 くろだ-のぶまさ

1685-1744 江戸時代中期の大名。
貞享(じょうきょう)2年5月9日生まれ。黒田綱政(つなまさ)の次男。正徳(しょうとく)元年筑前(ちくぜん)福岡藩主黒田家5代となる。病弱で嗣子がなく,支藩の直方(のおがた)藩主黒田長清(ながきよ)の長男菊千代(継高(つぐたか))を養嗣子とし,長清を藩の後見役とした。享保(きょうほう)4年継高に家督をゆずった。延享元年8月10日死去。60歳。幼名は弁之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

黒田宣政 (くろだのぶまさ)

生年月日:1685年5月9日
江戸時代中期の大名
1744年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android