白目/白眼(読み)シラメ

デジタル大辞泉の解説

しら‐め【白目/白眼】

しろめ(白目)」に同じ。
「御目は―にて臥(ふ)し給へり」〈竹取

しろ‐め【白目/白眼】

眼球の白い部分。「―をむいて悶絶する」
冷たい、悪意のこもったつき。い目。「―で見る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の白目/白眼の言及

【赤銅】より

…〈烏金〉と書いて〈しゃくどう〉また〈うきん〉と読み,また紫金(しきん)ともいう。銅に6~7%の純金とわずかな白目(しろめ)(アンチモンを主としヒ素を含んだ金属)を加えた合金。金の多少によって上中下があり,上は銅10匁に6~7分,中は3~4分,下は1分で,下は〈めざしかね〉という。…

【銅合金】より

…(5)煮黒味銅(にくろめどう) 山金(やまがね)ともいい,もともと銅に不純物が混じったもので,やや黒ずんだ色をしている。しかし近世では銅に白目(しろめ)(スズ4,鉛1の合金)を加え意識的に合金とする。青銅器【香取 忠彦】。…

※「白目/白眼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android