コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒色片岩 こくしょくへんがん black schist

2件 の用語解説(黒色片岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

黒色片岩

泥質岩起源の低変成度の結晶片岩で外観が黒色を呈するもの.黒色の物質は一般に炭質物とされているが正確に調べられたものは少ない.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

黒色片岩【こくしょくへんがん】

泥質岩を起源とする結晶片岩のうちで変成度の低いもの。グラファイト(石墨)を含み色が黒いので一般にこのように呼ばれる。正規の岩石名ではなく,緑色片岩と同じく通称である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

黒色片岩の関連キーワード雲母片岩広域変成帯紅簾石片岩石墨片岩緑泥片岩含片岩砂質岩準泥質岩点紋片岩動力変成片岩紫石

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone