コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒色片岩 こくしょくへんがんblack schist

岩石学辞典の解説

黒色片岩

泥質岩起源の低変成度の結晶片岩で外観が黒色を呈するもの.黒色の物質は一般に炭質物とされているが正確に調べられたものは少ない.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

黒色片岩【こくしょくへんがん】

泥質岩を起源とする結晶片岩のうちで変成度の低いもの。グラファイト石墨)を含み色が黒いので一般にこのように呼ばれる。正規の岩石名ではなく,緑色片岩と同じく通称である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

黒色片岩の関連キーワード層状含銅硫化鉄鉱床神居古潭変成帯三波川変成帯泥質岩変成岩銅山川金砂湖

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android