黒色片岩(読み)こくしょくへんがん(英語表記)black schist

百科事典マイペディアの解説

黒色片岩【こくしょくへんがん】

泥質岩を起源とする結晶片岩のうちで変成度の低いもの。グラファイト(石墨)を含み色が黒いので一般にこのように呼ばれる。正規の岩石名ではなく,緑色片岩と同じく通称である。グラファイト以外には主に絹雲母,緑泥石,斜長石,石英からなる。一般に片理が発達し,著しい微褶曲(しゅうきょく)構造が見られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android