コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒馬物語

3件 の用語解説(黒馬物語の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

黒馬物語

イギリス制作のテレビドラマ。原題は《The Adventures of Black Beauty》。放映はITV局(1972~1974年)。アンナ・シューエルの同名児童文学のテレビシリーズ化。第2シーズンは『新黒馬物語』として放映された。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くろうまものがたり【黒馬物語】

《原題Black Beautyシューエルの児童文学作品。1877年発表。美しい黒馬が、波乱万丈のすえ心優しい飼い主のもとにたどり着くまでを、主人公の馬の視点から描く。動物愛護運動にも影響を与えた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒馬物語
くろうまものがたり
Black Beauty

イギリスの女流小説家シュウェルAnna Sewell(1820―1878)の動物物語。1877年発表。ブラック・ビューティとよばれる美しいウマが、大地主の馬車用のウマから貸し馬車ひきのウマ、辻(つじ)馬車のウマと転々し、最後にやさしい飼主のところで余生を送るまでを、ウマ自身が語る形式で描いた物語。流転の生涯が物語に豊かな起伏を与え、わかりやすい文体で感動的なエピソードが次々に語られる。動物の哀れさが読者の同情をよび、動物愛護運動に大きな影響を与えたことでも有名である。作者のシュウェルは、イングランド東部に生まれ、経済的に多少浮沈はあったが幸福な家庭に育つ。14歳のとき足をくじいて、それが一生治らず、この作品を書き始めた50歳のころは病がちで、7年かかって作品を完成後まもなく没した。[神宮輝夫]
『土井すぎの訳『黒馬物語』(岩波少年文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒馬物語の関連キーワードゲーム・オブ・スローンズThe Officeタバサドビー・ギリスドラグネット1967NIKITA/ニキータHAWAII FIVE-0名犬ファングROME ローマローン・ガンメン

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒馬物語の関連情報