傾聴(読み)ケイチョウ

人事労務用語辞典の解説

傾聴

とは、相手のいうことを否定せず、も心もけて、相手の話を「聴く」会話の技術を指します。意識すべきなのは、相手に共感し、信頼していると示すこと。経済産業省が「職場や地域社会の中で多様な人々とともに仕事するうえで必要な基礎的な能力」として提言している「社会人基礎力」の要素にも、「傾聴力」が含まれています。

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けい‐ちょう〔‐チヤウ〕【傾聴】

[名](スル)耳を傾けて、熱心に聞くこと。「傾聴に値する意見」「傾聴すべきお話」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

けい‐ちょう ‥チャウ【傾聴】

〘名〙 耳を傾けて一心にきくこと。熱心にきくこと。
※日本外史(1827)一五「毎人談武事、輒傾聴之
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一「皆熱心にそれを傾聴して居った」 〔礼記‐曲礼〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報