コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傾聴 けいちょう

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

傾聴

もともとカウンセリングにおけるコミュニケーション技能の1つ。聴の目的は相手を理解することにある。それにより、話し手が自分自身に対する理解を深め、建設的な行動がとれるようになるようサポートする。 傾で大切なのは次の3つとされる。 ・言葉以外の行動に注意を向け、理解する(姿勢、しぐさ、表情、声の調子など)。 ・言葉によるメッセージに最後まで耳を傾け、理解する。 ・言葉の背後にある感情も受け止め、共感を示す。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

デジタル大辞泉の解説

けい‐ちょう〔‐チヤウ〕【傾聴】

[名](スル)耳を傾けて、熱心に聞くこと。「傾聴に値する意見」「傾聴すべきお話」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

人事労務用語辞典の解説

傾聴

「傾聴」とは、カウンセリングやコーチングにおけるコミュニケーションスキルの一つです。人の話をただ聞くのではなく、注意を払って、より深く、丁寧に耳を傾けること。自分の訊きたいことを訊くのではなく、相手が話したいこと、伝えたいことを、受容的・共感的な態度で真摯に“聴く”行為や技法を指します。それによって相手への理解を深めると同時に、相手も自分自身に対する理解を深め、納得のいく判断や結論に到達できるようサポートするのが傾聴のねらいです。
(2012/1/16掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

けいちょう【傾聴】

( 名 ) スル
真剣に聞くこと。 「 -に値する」 「静かに-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

傾聴の関連キーワードパッシブリスニング(受動的傾聴)ファイナルステージを考える会アンビエント・ミュージックガブリエーレ ミュンター聞く・聴く・訊く・利くソーシャルリスニング共感(共感的理解)ファシリテーションコンピテンシーオーディションホームスタートバリント方式社会人基礎力群集(人間)精神対話士文学論争桃園天皇乙坂章子マイモン話す

傾聴の関連情報