傾聴(読み)けいちょう

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

傾聴

もともとカウンセリングにおけるコミュニケーション技能の1つ。の目的は相手を理解することにある。それにより、話し手が自分自身に対する理解を深め、建設的な行動がとれるようになるようサポートする。 傾聴で大切なのは次の3つとされる。 ・言葉以外の行動に注意を向け、理解する(姿勢、しぐさ、表情、声の調子など)。 ・言葉によるメッセージに最後までを傾け、理解する。 ・言葉の背後にある感情も受け止め、共感を示す。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

デジタル大辞泉の解説

けい‐ちょう〔‐チヤウ〕【傾聴】

[名](スル)耳を傾けて、熱心に聞くこと。「傾聴に値する意見」「傾聴すべきお話」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

人事労務用語辞典の解説

傾聴

「傾聴」とは、カウンセリングやコーチングにおけるコミュニケーションスキルの一つです。人の話をただ聞くのではなく、注意を払って、より深く、丁寧に耳を傾けること。自分の訊きたいことを訊くのではなく、相手が話したいこと、伝えたいことを、受容的・共感的な態度で真摯に“聴く”行為や技法を指します。それによって相手への理解を深めると同時に、相手も自分自身に対する理解を深め、納得のいく判断や結論に到達できるようサポートするのが傾聴のねらいです。
(2012/1/16掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

けいちょう【傾聴】

( 名 ) スル
真剣に聞くこと。 「 -に値する」 「静かに-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けい‐ちょう ‥チャウ【傾聴】

〘名〙 耳を傾けて一心にきくこと。熱心にきくこと。
※日本外史(1827)一五「毎人談武事、輒傾聴之
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一「皆熱心にそれを傾聴して居った」 〔礼記‐曲礼〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

傾聴の関連情報