鼠花火(読み)ねずみはなび

精選版 日本国語大辞典「鼠花火」の解説

ねずみ‐はなび【鼠花火】

〘名〙 小さな花火の一つ。短い葦(あし)火薬をつめ、火をつけるとのように地上を走り回るもの。現在は、火薬をつめたこよりを輪としたものを用いる。鼠火。《季・夏‐秋》 〔和漢三才図会(1712)〕
虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一六「糸公御前の返事は鼠花火(ネズミハナビ)の様にくるくる廻って居るよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鼠花火」の解説

ねずみ‐はなび【×鼠花火】

小さな花火の一。火薬を詰めた細い紙の管を小さい輪にしたもの。火を付けるとネズミのように地面を走り回り、破裂する。ねずみ火。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android