コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼻中隔穿孔 びちゅうかくせんこう perforation of nasal septum

1件 の用語解説(鼻中隔穿孔の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

びちゅうかくせんこう【鼻中隔穿孔 perforation of nasal septum】

鼻中隔は左右の鼻腔を境するしきりで,前方の鼻中隔軟骨と後方の篩骨(しこつ)鉛直板,鋤骨(じよこつ)などの骨と,それをおおう粘膜で構成されている。これに穴があいた状態を鼻中隔穿孔という。鼻中隔彎曲(わんきよく)症を矯正するために手術をした後に起こることが最も多く,ほかに,梅毒,結核や,全身性エリテマトーデス(SLE)をはじめとして血管炎を起こす膠原病(こうげんびよう),ウェゲナー肉芽腫などに伴って起こる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鼻中隔穿孔の関連キーワード鼻音鼻中隔副鼻腔衛府佐兄弟は左右の手なり境する鼻柱鼻中隔湾曲症狼咽鼻中隔弯曲症

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone