コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

龍岡城 たつおかじょう

日本の城がわかる事典の解説

たつおかじょう【龍岡城】

長野県佐久市にあった西洋式の城郭。江戸時代末期に龍岡藩の藩庁が置かれていた城。国指定史跡。五稜郭(北海道函館市)とともに日本に残る五芒星型の西洋式城郭の一つだが、五稜郭よりも小ぶりの城である。この城は、幕末の動乱期に龍岡を飛び地として領有していた三河奥殿藩(愛知県岡崎市)の藩主の松平乗謨(大給恒)が同地に藩の拠点を移すために幕府の許可を得て1863年(文久3)に築城を開始し、1867年(慶応3)に完成した。開明派であった乗謨は、築城に際してフランスの稜堡の技術を取り入れて城を築いたが、同藩は陣屋格で城を持つ資格を有していなかったため、天守閣ほか防御施設をつくることができず、内郭の中央に藩主宅と政庁を設け、五芒星の凹部に正門、通用門、非常口の門を設けた。現在、同城は市立田口小学校の敷地などになっているが、稜堡式の石垣や水堀のほか、同小学校の校庭脇に櫓(やぐら)(御台所)が残っている。このほか、かつての同城の大広間が市内の時宗寺の本堂に、東通用口が同市内の成田山薬師寺の山門に、薬医門と塀が市内の個人宅に移築され現存している。また、かつての大手門の前に、佐久市歴史の里五稜郭であいの館が建っており、龍岡城に関する資料の展示を行っている。JR小海線臼田駅から徒歩約20~30分(約1.7km)。◇竜岡城とも記述される。

出典|講談社日本の城がわかる事典について | 情報

龍岡城の関連キーワード長野県佐久市田口龍岡城跡

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android