コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

龍渓性潜 りゅうけいしょうせん

1件 の用語解説(龍渓性潜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

龍渓性潜
りゅうけいしょうせん

[生]慶長7(1602).京都
[没]寛文10(1670).8.13. 大坂
江戸時代前期の黄檗宗僧。8歳で東寺に入り密教を修めたが,叔父のすすめにより 16歳で得度出家して禅門に入った。慶安4 (1651) 年勅命により妙心寺に住したが,隠元が来日するとその弟子となって,黄檗山万福寺の開創を助けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

龍渓性潜の関連キーワード甘露寺経遠水無瀬兼成日充園基継戸田一西エヌ慶長金没・歿勃・歿・没メーニャ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone