1000BASE‐T(読み)せんベースティー

パソコンで困ったときに開く本の解説

1000BASE‐T

現在標準的なLAN用の有線接続規格の名称です。複数のパソコンの接続や、ブロードバンドを使ったインターネット接続に使用します。この規格では通信速度が最大で1000Mbps(1Gbps)になるため、「ギガビット・イーサ」とも呼ばれます。もっとも、パソコン全体の性能などの影響で、実際の通信速度はやや落ちます。
これまでの接続規格の100BASE‐TX10BASE‐Tとしても利用することができ、端子も兼用です。接続するパソコンや通信機器が1000BASE‐Tに対応せず遅い場合は、遅いほうが優先されます。
同等の速度で規格の異なる1000BASE‐TXという規格もあります。
⇨10BASE‐T、100BASE‐TX、
bps、CATV、LAN、
イーサネット、ギガビット・イーサ

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android