コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

1000BASE‐T せんベースティー

パソコンで困ったときに開く本の解説

1000BASE‐T

現在標準的なLAN用の有線接続規格の名称です。複数のパソコンの接続や、ブロードバンドを使ったインターネット接続に使用します。この規格では通信速度が最大で1000Mbps(1Gbps)になるため、「ギガビット・イーサ」とも呼ばれます。もっとも、パソコン全体の性能などの影響で、実際の通信速度はやや落ちます。
これまでの接続規格の100BASE‐TX10BASE‐Tとしても利用することができ、端子も兼用です。接続するパソコンや通信機器が1000BASE‐Tに対応せず遅い場合は、遅いほうが優先されます。
同等の速度で規格の異なる1000BASE‐TXという規格もあります。
⇨10BASE‐T、100BASE‐TX、
bps、CATV、LAN、
イーサネット、ギガビット・イーサ

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

1000BASE‐Tの関連キーワードPepper

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android