コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

113番元素の発見 113ばんげんそのはっけん/ひゃくじゅうさんばんげんそのはっけんdiscovery of 113th element

知恵蔵の解説

113番元素の発見

113番元素は2004年7月23日、理化学研究所(日本)で発見され、質量数は278である。実験は原子番号83、質量数209のビスマス^209^Biの原子核に原子番号30、質量数70の亜鉛^70^Znの原子核を衝突させた結果、原子核融合を起こして高温の^279^113原子核が生成し、これは速やかに中性子1個を放出して冷却され、目的とする原子番号113、質量数278の原子核^278^113を1個合成することができた。生成した^278^113の原子核は0.0003秒の半減期でアルファ崩壊を4回繰り返して起こし、既に知られているドブニウム^262^Dbになった。理研では2度、実験に成功しているが、命名権はまだ与えられていない。

(市村禎二郎 東京工業大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

113番元素の発見の関連キーワードニホニウム

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

113番元素の発見の関連情報