113番元素の発見(読み)113ばんげんそのはっけん/ひゃくじゅうさんばんげんそのはっけん(英語表記)discovery of 113th element

知恵蔵の解説

113番元素は2004年7月23日、理化学研究所(日本)で発見され、質量数は278である。実験は原子番号83、質量数209のビスマス^209^Bi原子核に原子番号30、質量数70の亜鉛^70^Znの原子核を衝突させた結果、原子核融合を起こして高温の^279^113原子核が生成し、これは速やかに中性子1個を放出して冷却され、目的とする原子番号113、質量数278の原子核^278^113を1個合成することができた。生成した^278^113の原子核は0.0003秒の半減期アルファ崩壊を4回繰り返して起こし、既に知られているドブニウム^262^Dbになった。理研では2度、実験に成功しているが、命名権はまだ与えられていない。

(市村禎二郎 東京工業大学教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android