コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

2010年問題 にせんじゅうねんもんだい

1件 の用語解説(2010年問題の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

2010年問題

2010年をめどに米国政府などが使う暗号が次世代規格に移行されるという問題。コンピューターの性能の向上などが背景にある。米国で技術標準を管轄する国立標準技術研究所(NIST)は、この移行を05年に告知している。日本政府でも、同様に強固な暗号への移行を進める取り組みが行われ、08年4月にその指針が決定され、13年度までに完了させることを目指している。
暗号の次世代規格への移行の背景には、暗号の安全性の低下がある。暗号はコンピューターの性能向上に伴い解読されるまでの時間が短くなっており、また暗号の弱点も日々発見されている。現在ネット主として使われている暗号は「公開鍵暗号」や「ハッシュ関数」と呼ばれるもの。暗号の多くは「80ビット強度」のものであり、2010年以降は米政府では使えない。
携帯電話では公開鍵暗号は大半は対応済みであり、ハッシュ関数も対応を始めているが、同様の暗号を使う電子商取引ICキャッシュカードクレジットカード、銀行ATMの対応は、まだ検討され始めたという段階にある。新しい暗号システムへの移行にはコストが課題となっているが、メリットが見えにくいため対応が遅れることも懸念されている。
なお、「2010年問題」と呼ばれる問題には国内製薬大手の主力薬の特許が切れて後発品にシェアを奪われるという問題もある。

(小林拓矢  フリーライター / 2010年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

2010年問題の関連キーワードAESFMV広東政府暗号の2010年問題共通鍵暗号公開鍵暗号GGT-BONDタイ政府の高炉誘致計画国際財務報告基準(IFRS)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone