コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

6000年前の稲作遺物 6000ねんまえのいなさくいぶつ/ろくせんねんまえのいなさくいぶつ

1件 の用語解説(6000年前の稲作遺物の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

6000年前の稲作遺物

2005年2月、岡山市の彦崎貝塚で、縄文時代前期(約6000年前)の地層からイネのプラント・オパールが多量に出土した。同市の朝寝鼻遺跡でも同時期の発見例があり、縄文時代前期から畑作によるイネの栽培が始まっていた可能性が高まった。一方、同時に発見されたコムギやヒエのプラント・オパールは、栽培の証拠と見るには慎重な意見も多い。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

6000年前の稲作遺物の関連キーワード大森貝塚岡山市加曾利貝塚津雲貝塚東名(ひがしみょう)遺跡縄文農耕赤磐神田遺跡東名遺跡岡田磐

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone