コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

81年経済再建税法 はちじゅういちねんけいざいさいけんぜいほうEconomic Recovery Tax Act of 1981

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

81年経済再建税法
はちじゅういちねんけいざいさいけんぜいほう
Economic Recovery Tax Act of 1981

レーガン政権が 1981年2月に発表した経済再生計画に基づき,大幅な減税策を実施するために同年8月に成立した法律。この政策は,減税が経済活動を活発にし,貯蓄・投資を増加させ,経済成長を促進するというサプライ・サイドの論理に基づいている。主要な点は,(1) 84年までに個人所得税限界税率を3段階に分けて 27%から 23%に引き下げ,85年以降は一般的物価水準に合わせて物価スライドさせること,(2) 投資所得の最高税率を 82年1月以降 70%から 50%に引き下げること,(3) 共働き世帯の不利な取り扱いを是正したこと,(4) 個人退職年金制度 (IRA) とキーオ・プラン (自営業者退職基金制度) の控除額を大幅に引き上げたこと,(5) 相続税贈与税の減税が行なわれたことなどである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

81年経済再建税法の関連キーワードホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ[各個指定]芸能部門ラジャイ北川透銀行法座散乱木遺跡灰谷健次郎布野修司ングーギニーナ アナニアシヴィリ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android