コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ALS えーえるえす Amyotrophic Lateral Sclerosis

翻訳|Amyotrophic Lateral Sclerosis

9件 の用語解説(ALSの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ALS

身体を動かす神経が変性し、全身の筋肉の動きに障害が及ぶ進行性の神経疾患。年間に新たにこの病気にかかる人は人口10万人当たり1~2.5人。国が指定し治療費の公費補助のある特定疾患の一つであり、受給者は全国に約9000人いる。発症年齢の平均は60歳ぐらいだが、40歳以下で発症する例も約1割程ある。
最初は、物をつかみにくい、転びやすい、ろれつが回らないなどの症状から始まり、進行すると呼吸筋の機能不全による呼吸困難が起こる。原因は不明で、治療法もまだ確立されていないが、嚥下障害栄養障害に対しては経管栄養を行い、呼吸困難に対しては人工呼吸器を装着することにより、余命を大きく延ばすことが可能になっている。かつては呼吸筋まひまでが余命とされ、その期間は発症からおよそ3年とされていたが、現在日本には呼吸器を装着してから20年以上、在宅で生活している患者も多数みられる。
ALSは、自分で身体を動かせなくなっていく一方で、眼球を動かす筋肉と、尿道や肛門を引き締める括約筋は比較的最後まで保たれることが多い。また、痛みや寒暖、音やにおいなどの感覚や、思考、感情などは病前と変わらず保たれる。したがって、個別の症状に応じた適切なコミュニケーション法を実施することで、周囲の人と意思の疎通ができる。文字盤や口文字盤、可動筋肉を活用してコンピューターに入力する方法などが広く利用されている。
治療に当たる専門科は神経内科だが、初期の症状で診断を確定するのは難しく、多くは同じような症状の現れる様々な病気をMRIや筋電図などの検査によって除外した上での診断となる。
メジャーリーグの名選手、ルー・ゲーリックがこの病気だったことからアメリカではルー・ゲーリック病ともいわれている。また、近年は、運動神経(運動ニューロン)が障害される病気の一つと捉え、ALS/MND(motor neuron disease)と呼ばれることが国際的に多くなってきている。

(石川れい子  ライター / 2014年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ALS

全身の運動神経が侵され、筋肉が萎縮(いしゅく)していく進行性の難病。徐々に体が動かなくなり、呼吸困難に陥る。この病気にかかった大リーガーの名から「ルー・ゲーリッグ病」とも呼ばれる。宇宙物理学者ホーキング博士も患者の一人。国内の患者は約7700人という。

(2008-09-26 朝日新聞 朝刊 都 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エー‐エル‐エス【ALS】[amyotrophic lateral sclerosis]

amyotrophic lateral sclerosis》⇒筋萎縮性側索硬化症

エー‐エル‐エス【ALS】[automatic landing system]

automatic landing system自動着陸装置

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ALS

〖antilymphocyte serum〗
抗リンパ球血清。リンパ球に対する抗体を含む血清。生体内に投与すると主として T 細胞の減少と機能低下をきたす。

ALS

〖automatic landing system〗
航空機の自動着陸装置。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

ALS

脳や末梢神経からの命令を筋肉に伝える運動神経細胞が侵される病気で、筋肉の萎縮や筋力低下をきたす。原因不明、進行性で、国により認定された指定難病。英語名はamyotrophic lateral sclerosis、日本語名は筋萎縮性側索硬化症。2011年現在、1年間で新たにこの病気を発症する人は人口10万人当たり約1人、日本全国で約8500人が患っている。知覚神経自律神経は侵されないため、五感、記憶、知性、内蔵機能などには原則として障害はみられない。症状の進行は速いことが多く、全身のすべての筋肉が次第に機能しなくなっていき、日本では半数ほどが発症後3~5年で死亡している。リハビリや呼吸補助、進行を遅らせる作用のあるリルゾール薬などによる対症療法があり、人工呼吸器を使わなくとも10年以上生存する場合もある。

(2014-1-10)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ALS
えーえるえす

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のALSの言及

【運動ニューロン疾患】より

…この中には種々の異なった疾患が含まれるが,そのうち頻度の高いものは筋萎縮性側索硬化症と脊髄性進行性筋萎縮症である。
[筋萎縮性側索硬化症amyotrophic lateral sclerosis(ALS)]
 難病の一つ。上位運動ニューロンと下位運動ニューロンの双方をおかす原因不明の進行性の病気であり,手足の筋肉の萎縮と筋力の低下のために日常動作の障害が生じ,また顔面筋や舌,口蓋,咽頭,喉頭などの筋肉もおかされるため,発声,発語,咀嚼(そしやく),嚥下なども困難となる。…

※「ALS」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ALSの関連キーワード筋萎縮性側索硬化症背筋力副神経梁の塵を動かす干戈を動かす蚍蜉大樹を動かすヒルトンの法則ブロードベントの法則運動ニューロン疾患筋萎縮性側索硬化症(ALS)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ALSの関連情報