コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

APL えーぴーえる

5件 の用語解説(APLの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

APL

ハーバード大学のKenneth Eugene Iverson氏が、1956年に開発したプログラミング言語。数値処理や論理処理をより単純にすることを目的とした会話型言語で、多次元配列の演算に強いという特長を持つ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エー‐ピー‐エル【APL】[a programming language]

a programming language》数値計算に向いたインタープリター型のプログラミング言語の一。多次元の配列の計算や操作に適している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

APL

〖A Programming Language〗
コンピューターの会話型プログラム言語の一。1957 年、アメリカの IBM 社が開発。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

APL
エーピーエル
A Programming Language

IBMの K.アイバーソンが初めて提唱した (1962) 高級プログラム言語の一つ。このプログラム言語の特徴はフォートランアルゴルなどと比べて,より普通の数学表現に近い形を使えるところにある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

APL
えーぴーえる

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のAPLの言及

【アメリカン・プレジデント・ラインズ[会社]】より

…アメリカの定期船会社。略称APL。政府と航路補助契約を結んで,もっぱら極東および東南アジアとアメリカ太平洋岸とを結ぶ定期航路を経営する。…

※「APL」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

APLの関連キーワードプレタクチュール <ドレス>プレタポルテ <ドレス>サントーメ・プリンシペRepública Democrática de Sáo Tomé e PríncipePrøysen,A.prêt-à-porter《Précis de stylistique》Préault,A.A.prāṇaPrājñā

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

APLの関連情報