コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

B to B

百科事典マイペディアの解説

B to B【ビートゥービー】

Business to Businessの略称で,〈企業間取引〉と訳される。電子商取引の形態の一つ。インターネットを用いて企業間で商取引の情報の交換や受発注を行うこと。インターネット上に商取引のオープン市場を作る試みもある。資材の調達から販売までを電子化することによって,効率的な管理やコスト削減などが可能になるとされる。経済産業省の〈平成12年度電子商取引に関する市場規模・実態調査〉によると,2000年の日本のB to B市場規模は21.6兆円。B to Cに比べ取引単価が大きく,高い収益性が期待されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

B to B

〖business to business〗
電子商取引の分野における企業(business)間の取引のこと。B2B。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

B to Bの関連情報