B to C(読み)ビートゥーシー

百科事典マイペディア「B to C」の解説

B to C【ビートゥーシー】

Business to Customerの略称。主に企業が個人消費者を相手として行う電子商取引をいう。オンライン書店や仮想商店街などの小売業をはじめ,インターネットの双方向性を生かしたオンライン・トレーディングや銀行手続なども事業として行われている。経済産業省の〈平成12年度電子商取引に関する市場規模・実態調査〉によると,2000年の日本のB to C市場規模は8240億円。取引の活性化とともに,個人情報の管理など消費者保護の問題が重要になっている。→B to B

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

IT用語がわかる辞典「B to C」の解説

ビーツーシー【B to C】

インターネットなどのコンピューターネットワークを通じて行われる電子商取引形態のひとつ。企業と一般消費者の間で行われる商取引を指す。インターネット上で商品やサービスを販売するオンラインショップなどがある。◇「business to consumer」から。「B2C」とも書く。また、「ビートゥーシー」ともいう。

ビートゥーシー【B to C】

ビーツーシー。⇒ビーツーシー

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android