コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BtoG/B2G ビーツージーBtoG/B2G

3件 の用語解説(BtoG/B2Gの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ビー‐ツー‐ジー【BtoG/B2G】[business to government]

business to government》企業と政府や自治体の間で行われる電子商取引。公共事業の電子入札などがある。→BtoBBtoCBtoECtoC

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

ビーツージー【B to G】

インターネットなどのコンピューターネットワークを通じて行われる電子商取引の形態のひとつ。企業と政府機関や自治体の間で行われる電子入札などの取引を指す。◇「business to government」から。「B2G」とも書く。また、「ビートゥージー」ともいう。

出典|講談社
IT用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

BtoG
びーつーじー

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

BtoG/B2Gの関連キーワードB2BGtoBB2BEC電子商取引B to BO2OB2CSurfaceビジネスマナー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone