C. アウエハント(英語表記)Cornelius Ouwehand

20世紀西洋人名事典の解説

C. アウエハント
Cornelius Ouwehand


1920 -
オランダの文化人類学者。
チューリッヒ大東アジア学科教授,博士号。
ライデン生まれ。
大学で中国語、日本語、文化人類学を学ぶ。ライデン国立民族学博物館の館員となり、日本部門主任を経て1968年からスイスのチューリッヒ大東アジア学科教授となる。’56年〜’57年には柳田国男の主宰する研究所で鯰絵を中心に日本の伝統文化、民族文化の研究に従事する。学位論文「鯰絵―民族的創造力の世界」(せりか書房、1979)は日本文化の宗教的基盤を分析したものと注目を集める。のち研究の方向を理論を主体とする構造人類学から現地調査を主体とする社会人類学へと移行。’65年〜’66年と’75年〜’76年に、沖縄本島と波照間諸島で現地調査に従事。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android