C.L. ムーア(英語表記)Caoherine Lucile Moore

20世紀西洋人名事典「C.L. ムーア」の解説

C.L. ムーア
Caoherine Lucile Moore


1911 - 1987
米国の作家
最初の夫であったヘンリィ・カットナーとの結婚生活の中で、ほとんどを共同執筆の形を取った小説を書いた。カットナーの死後はほとんどSF小説を残していない。単独長編「美女ありき」(1944年)、「ヴィンテージ・シーズン」(’46年)では、異常な環境に置かれた人間に対する控えめな心理分析劇を表現している。他の作品に「銀河の女戦士」(’43年)。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android