CBR250R

デジタル大辞泉プラスの解説

CBR250R

ホンダ(本田技研工業)が2010年から製造・販売したオートバイ。総排気量249cc(普通自動二輪車)。エンジン形式は水冷4ストローク単気筒DOHC。ロードスポーツモデルタイおよびインド現地法人による製造。2011年より日本でも販売開始。1980年代後半、CBR250FOURの派生車種の一つとして同名のモデルが販売されていた。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android