コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CIS方式 シーアイエスホウシキ

デジタル大辞泉の解説

シーアイエス‐ほうしき〔‐ハウシキ〕【CIS方式】

contact image sensor typeスキャナーの読み取り方式の一。RGB発光ダイオードの光源とイメージセンサーを一列に並べた読み取り装置を、原稿に密着させたまま走査することで、その反射光を画像データとして取り込む。CCD方式とよばれる複数のミラーとレンズを用いる読み取り方式に比べ、構造が単純で小型化・省電力化が可能だが、凹凸がある原稿の読み取りには向かない。コンタクトイメージセンサー方式密着イメージセンサー方式

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

CIS方式の関連キーワードリモート・センシング接触変成帯固体撮像素子デジタルカメラセンサフュージョンオーム接触CMOSイメージセンサーイメージセンサーシーモスイメージセンサーミラーレス一眼カメラ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android