コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CIS方式 シーアイエスホウシキ

1件 の用語解説(CIS方式の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シーアイエス‐ほうしき〔‐ハウシキ〕【CIS方式】

contact image sensor typeスキャナーの読み取り方式の一。RGB発光ダイオードの光源とイメージセンサーを一列に並べた読み取り装置を、原稿に密着させたまま走査することで、その反射光を画像データとして取り込む。CCD方式とよばれる複数のミラーレンズを用いる読み取り方式に比べ、構造が単純で小型化・省電力化が可能だが、凹凸がある原稿の読み取りには向かない。コンタクトイメージセンサー方式。密着イメージセンサー方式。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

CIS方式の関連キーワード接触変成帯イメージセンサーマイナスイメージDigital Image Pro長浦友季子残像ジャイロセンサーSAFOXコンタクトポイント

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

CIS方式の関連情報