D.L. ラック(英語表記)David Lambert Lack

20世紀西洋人名事典の解説


1910 - 1973
英国の鳥類学者。
元・オックスフォード大学野外鳥類学研究所所長。
1933年ケンブリッジ大学卒業後高校教師を務め、’45年からオックスフォード大学エドワード・グレー野外鳥類学研究所長となる。’48年母校で学位取得、鳥の生態を研究、高等動物の野外研究を学会に認めさせ、進化の観点から生態を扱う新しい研究分野の開拓に貢献、現代の動物学を築く。進化学の新しい古典とされる「ダーウィンフィンチ」(’47年)、「ロビンの生活」(’43年)、「動物個体数の自然調節」(’54年)等の著書がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android