コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DPS でぃーぴーえす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

DPS

ディスプレイデバイス用のPostScript。Adobe社とNext社によって共同開発され、Next、IBM、Sunのコンピューターに採用された。PostScriptの機能に加え、マウスイベントやメニュー表示などといったウィンドウマネージャの機能が拡張されている。ただし一般に広く普及するには至っていない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ディー‐ピー‐エス【DPS】[dynamic positioning system]

dynamic positioning system》錨(いかり)やワイヤーを用いずに、船舶を長時間一定の位置にとどめておくためのシステム。潮流、波、風などで船が移動しないよう、種々のセンサーで船位や向きを検知し、スラスターなどで自動的に補正する。海洋掘削船ちきゅうや海底油田の掘削船、海底ケーブルの敷設船などに備えられている。ダイナミックポジショニングシステム船位保持システム自動船位保持装置

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

dps

〖disintegrations per second〗
放射能の単位。1 秒間の崩壊数が 1 である放射能の強さを 1dps という。SI 単位ではベクレル(記号 Bq)という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

dps
ディーピーエス

dpm」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のDPSの言及

【放射性同位体】より

… ある放射性同位体の,ある核種が単位時間に崩壊する確率は,その核種固有の定数であり,崩壊定数または壊変定数と呼ばれる。いまN個の放射性同位体が存在するとき,単位時間当りの崩壊の数(例えばdps(disintegration per second))はNに比例し,その比例定数が崩壊定数に等しい。N個の核が崩壊によって1/2Nに減少するまでに要する時間を半減期と呼び,放射性同位体固有の定数である。…

※「DPS」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

DPSの関連キーワード民主社会進歩同盟[コンゴ民主共和国]パンチカードシステム機械化会計EDP会計診療報酬EDPSベクレル神聖同盟放射能MISLSB会計

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

DPSの関連情報