コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DVD+VR でぃーぶいでぃーぷらすぶいあーる

2件 の用語解説(DVD+VRの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

DVD+VR

映像および音声などのデータを記録する方法を規定したDVD+R/RWの規格のひとつで、主にDVDレコーダーで使用される。これまでDVDの規格を策定してきたDVDフォーラムとは別組織である、DVD+RWアライアンスが発表した。追記や削除などの編集をした後でも、一般のDVDプレイヤーで再生できるのが特徴。なお、DVD-R/RWの規格であるDVD-VRとの互換性はない。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ディーブイディープラスブイアール【DVD+VR】

DVD+RWアライアンスが策定した映像データを記録する規格のひとつ。DVD+RDVD+RWに対応し、DVDフォーラムが定めたDVD-VRとは互換性がない。同規格で記録された映像データは一般のDVDプレーヤーで再生が可能だが、デジタルテレビ放送の著作権保護技術であるCPRMには対応していない。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

DVD+VRの関連キーワード垂直磁気記録水平磁気記録ミラーリングムービー上書イベントデータレコーダーデュープレクシングBDMVホログラフィックメモリーデータベース・ソフト

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

DVD+VRの関連情報