コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イーインク イーインク E Ink

2件 の用語解説(イーインクの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

イー‐インク(E Ink)

電子ペーパーの商標の一。または、その技術を開発した米国企業の名称。従来の液晶ディスプレーに比べ、消費電力が低く文字が見やすい。アマゾンキンドルソニーリーダーをはじめとする電子書籍専用の表示装置などで使われる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Eインク
いーいんく
E-Ink

アメリカのEインク社E Ink Corp.が開発した電子機器用ディスプレー装置。2002年に発表。電子ペーパーの一種で、軽量で紙のように折り曲げることができる。バックライトを必要とせず、反射光のみで実用的な表示ができるため、アマゾンのキンドルKindleや楽天のコボKobo、ソニーリーダーReaderなど、多くの電子ブックをはじめ、各種電子端末、ノートパソコンのサブ表示部分などに利用されている。
 電気泳動方式とよばれる技術を採用し、カプセルに帯電した白と黒の粒子を入れ、電圧を上下させることでグレースケール表示をする。画像の保持に電力を必要としないため、他の表示装置に比べ消費電力が少なくてすむ。ただし、グレースケールの表示の書き換えに一定の時間を要するため、スクロール表示や動画などの文字や静止画以外の表示には適さない。カラー表示の製品もあるが、コントラストが低く色数も少ないため、現状では白黒表示の製品がほとんどである。また、暗い場所で閲覧ができるように製品段階でフロントライトを付加したものもある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イーインクの関連キーワード電子ペーパーサンドペーパーペーパーペーパープランペーパーワークデジタルペーパーペーパー会社ペーパーポットペーパーマネーペーパーダイバー

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イーインクの関連情報