E. ブールデ(英語表記)Edouard Bourdet

20世紀西洋人名事典の解説

E. ブールデ
Edouard Bourdet


1887.10.26 - 1945.1.17
フランスの劇作家
元・コメディ・フランセーズ支配人。
パリ生まれ。
第一次大戦の直前「ルビコン」(1910年)でデビュー。復員後、性の転倒に照明を当てた「因われの女」(’26年)で注目された。その後、社会悪性道徳腐敗などをテーマにした心理劇を書き、文学作品の商品化を揶揄した「最新刊」(’27年)、金と性を絡めた軽薄な社交界を風刺した「弱き性」(’29年)が代表作となる。「難しい時代」以降は作風が変化し、’36年から4年間コメディ・フランセーズの支配人を務め、演劇革新派の民間の演出家を起用して沈滞していた同劇場改革を行った。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android