コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

EC社会労働憲章 イーシーしゃかいろうどうけんしょう Community Charter of the Fundamental Social Rights of Workers

1件 の用語解説(EC社会労働憲章の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

EC社会労働憲章
イーシーしゃかいろうどうけんしょう
Community Charter of the Fundamental Social Rights of Workers

1989年9月に採択された EC統合市場における社会保障労働関係の規約。憲章の内容は,(1) パートなどの正規雇用以外の労働者に関して週単位の最大就労日数の設定,(2) EC市民は域内のすべての国で,その国の労働者と同条件で就労できること,(3) EC市民は自由に職業を選択できること,(4) EC市民は十分な社会保障を受ける権利,団結権,団体交渉権,争議権を有することなど。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

EC社会労働憲章の関連キーワード世界観光機関ラロトンガ条約採択IHOSEAジェノサイド(Genocide)CO2排出量取引兵庫県豊岡市但東町出合市場国際油濁補償基金体育スポーツ国際憲章

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone